FC2ブログ
         
20130421

アンティーク硝子ビーズ2

【カテゴリ:欠片】
【コメント】

画像 005


何かのパーツだったのか、、
私の手元まで無事に残ることが出来たのもこのビーズがもつ魅力のせいなのかもしれません。
一つずつ形が不揃いで、通る糸やワイヤーさえ制限する。
私の考えなど御構い無しで凛と佇む姿は、硝子という繊細さと絡み合い独特の存在感を感じます。


私の抽斗にずっといて欲しかったのですが、次の場所へ向かうそうです。